Leonard Francoisは、2018年全米オープン決勝でセレーナ・ウィリアムズを破ったプロテニス選手、大坂なおみの父親です。 彼は彼の娘、マリとナオミのためのテニスのコーチとして働いて彼の人生の多くの年を捧げています。

記事が作成され、所有されていることを簡単に思い出させるだけですmarriedbiography.org.記事は他のページまたは文書で再公開することはできません。 著作権はDMCAによって保護されています。 見つかったすべてのコピーが報告されます。
: https://marriedbiography.org/who-is-naomi-osakas-father-leonard-francois-biography/

初期の人生と家族

Leonard Max Francoisはハイチ系ですが、米国で生まれました。 彼の両親は英語さえ知らなかったので、クレオール語しか話しませんでした。 レナードはニューヨークで青年期を過ごし、最終的にはニューヨーク大学の学生として過ごした。 その後、彼は彼の人生の愛と彼の娘、大阪玉城の将来の母親に会ったときでした。 彼の勉強からの彼の休暇の一つの間に、レナードは日本の島の一つ、その中の北海道に行き、そこで玉置に会い、すぐに彼が彼女との関係を進めたいと理解しました。

玉置の日本人家族は、黒人とデートし、家族全員に恥をかかせたとして彼女を非難したが、レナードは彼が日本人のガールフレンドとの良い試合であることを証明することを恐れていなかったため、大学を卒業した後、玉置と一緒に住み、家族の近くにいて彼が十分であることを示すために、日本の大阪に移住した。

キャリア

レナードは1999年、ウィリアムズ姉妹が全仏オープントーナメントで演奏するのを見たときにテニスのコーチに入ることを決めた。 彼の娘は両方とも当時幼児でしたが、レナードの決定は下されました。 彼はダブルスでの勝利に驚き、娘たちをウィリアムズのようなチームにするためにできる限りのことをすることを誓った。 レナードはまた、ウィリアムズ姉妹のコーチである父リチャード-ウィリアムズは生涯テニスを全くしなかったが、レナードはテニスをかなり多くしていたという事実に励まされた。

レナードの妹の大坂なおみは、後に、裁判所での彼らの育成のスタイルは、セレナとヴィーナス-ウィリアムズが父親から得たものと非常に似ていたことを認めた。 セリーナがかつて金星のように誰も彼女を殴らなかったと言ったのと同じように、ナオミはまた、彼女の姉のマリが彼女の最も厳しい相手であるこ レナードは後に、彼らの演奏レベルを向上させるために、彼の娘の両方のための別のコーチを見つけました。 レオナルドは彼がどこから来たのか忘れていなかったので、2000年に彼と彼の妻はハイチに小学校を建てました、そして、ナオミは後に2019年に訪問しました。 彼は多くの慈善活動を行い、低所得家庭の子供たちのためのスポーツクラスを開発するための様々な資金を支援しています。

長女・大阪まり

レオナードの長女・大阪まりは、1996年4月3日に大阪で生まれました。 幼い頃から父親からテニスの練習を受けていた。

彼女はまた、絵を描くのが好きで、しばしば彼女のInstagramアカウントで彼女の写真やスケッチを共有しています。 彼女はまた、彼女が練習し、スピード、反応やプロテニス選手のために重要な他のスキルを開発するのに役立つ様々な興味深いデバイスやガジェットを示 マリのコーチは今マキシムKouyatéです; 2018年、マクラウド-フォー-ヘルス-フローレンス-オープンの決勝戦に出場した。 マリは2014年にプロテニストーナメントに参加し始め、バンク-オブ-ザ-ウェスト-クラシックに参加したが、マリナ-シャマイコとダブルスでペアを組んだが、アジュラ-トムリヤノヴィッチとヴァルヴァラ-レプチェンコに敗れた。 2019年のマイアミ-オープンでは、ワイルドカードを獲得してシングルスに出場した。

マリは旅行が好きで、好きな目的地は日本の東京、フランスのパリです。 彼女は犬が好きです。

彼女はマリよりも成功している妹と比較する多くの人々から多くの苦しみを受けているが、彼女はそれに対処する方法を学び、落ち込んでおらず、自分のキャリアと成果を開発している。

妹の大阪直美

大阪直美は1997年10月16日、大阪市中央区で生まれました。 彼女が答えるのに疲れている以上の質問は、”なぜ彼女の姓は彼女が生まれた町と同じですか?’:’2014年から冗談をリサイクルしています! 大阪で生まれたすべての人、彼らの姓は大阪です”と、彼女は2018年のワシントン-ポストへのインタビューで冗談を言った。 ナオミが3歳のとき、彼女の家族はロングアイランドに移り、その後フロリダに移り、9歳のときにはフロリダに移住しました。 ナオミは姉のマリと一緒にテニスを始めた。 彼女は懸命に働き、ウィリアムズ姉妹と対戦することを夢見ていました。

大阪直美

15歳の時にISPアカデミーで働き始め、Patrick Taumaの指導を受け、2014年にHarold Solomon Tennis Academyで指導を受けた後、ProWorld Tennis Academyに移り、スキルを向上させ、成功する機会を増やしました。<4213><9492>ナオミは16歳の時に初のWTAツアー戦を制し、2018年の全米オープンでセリーナ・ウィリアムズを破って以来、スポーツ界でセンセーションを巻き起こし、その時点で世界7位にランクインした。 ニューヨーカーは彼女を”世界で次の最高の選手”と呼んだ。 2019年、ナオミは全豪オープンでチェコのプロテニス選手ペトラ・クビトヴァを3セットで破って優勝した。 2020年の同じ大会は、ナオミが期待していたほど成功しなかった。

全米オープンでのナオミの勝利に関する論争

“若い大阪が2018年の全米オープンで本当に勝ったのか、それともセリーナ-ウィリアムズに彼の力を感じさせる男に手渡されたのかは決して分かりません”とワシントン-ポストのコラムニスト、サリー-ジェンキンスは書いている。 確かに、大阪ナオミと彼女の最大のアイドルとインスピレーション、セリーナ*ウィリアムズとの試合中に起こった状況は、優れていました。 試合で議長を務めたポルトガル人審判のカルロス-ラモスは、セレナに三つのコード違反を与えた。 彼女は彼女が試合中にコーチを得ていなかったと主張し、彼女からポイントを盗んだと彼を非難した。 彼女はまた、性差別と人種差別の彼を非難したが、最終的に彼女は彼女の違反のためのペナルティ料を支払わなければならなかった。

ナオミがゲームに勝利し、観客は彼女を助けたのは彼女のスキルだったのか、それともセレナの状況だったのか、後者は彼女の気性とゲームの両方を失 試合終了後、セレナはナオミを祝福し、大阪に笑顔を浮かべた。 しかし、ゲームについての彼女の本当の気持ちは、実際には反対であったが、ナオミに向けられていなかった。

私生活では、妻の大阪珠樹

レナードは、1989年に結婚して以来、学校の教師である妻の大阪珠樹とは一度も別れていない。 日本の法律によると、彼の娘は母親の姓を取った;法律はまた、戸籍法、すなわち日本の戸籍法として知られています。 外国人配偶者は日本人配偶者の戸籍に加入しなければならず、その子供はすべて日本人配偶者の姓で登録されるべきであると言われています。

趣味、好きなこと、面白い事実

レナードは多くの種類のスポーツの熱心なファンであるため、テニスやビーチバレー、水泳などに多くの時間を費やしています。 バスケットボールの試合を観戦するのも好き。 レナードはまだニューヨークに住んでいる彼の両親と多くの時間を費やしています。

外観、服装スタイル

レナードは黒髪と暗褐色の目を持っています。 彼の身長、体重、重要な統計は現時点では入手できませんが、5フィート10インチ(1.78m)の娘ナオミとの写真から判断すると、彼は彼女よりも少し短いです。

純資産と給与

2020年現在、Leonardの純資産はまだ公式に報告されていません。 しかし、彼の娘ナオミ大阪はover29百万以上と推定純資産を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。